人気ブログランキング |

<   2012年 10月 ( 6 )   > この月の画像一覧



d0247530_1893654.jpg







d0247530_18105738.jpg







d0247530_18112099.jpg







d0247530_18114971.jpg







d0247530_18121999.jpg







d0247530_18124299.jpg







またいつかこの場所で・・・




でもそれは





だいぶん先の話






まずは次の場所








新たな始まりに
















by imagineps | 2012-10-20 18:16 | life










ある意味仮面も必要である






d0247530_9523271.jpg

by imagineps | 2012-10-13 09:55 | life



何かが終わって落ち着いて




少しのんびりなのか






卒業式の後のいつもの帰り道みたく






なんだかもうこの場所は二度と通らないんだよね





後悔は残んないもんです







ようやく新たにできること






なんてね






いつか不意にこの場所に訪れた時






懐かしさは残っていて






あの頃はね♪





なんて




微笑んで





立ち止まって





駆け抜けたいもんです






誰にわかってもらえなくても





やっぱそれが自分だからよいよい







そういえば






あっ





ぜんぜん違う話





学校の頃って





だいたい窓際一番後ろから2番目





浮いてたな




あんま話し合わないし





話わかんないし





会話も誰かの前





校庭の体育倉庫くらい浮いとりました






なので卒業式には未練もなかったのかもね







そう考えると





なんだか今ってあの頃に似てるような





学校みたいなまわりに





話をあわせて





なんだか無理をする






あの頃のように違和感を感じる自分







違う自分と




一人の自分




離れてみると




そんな自分が大好きだったのに





抜けだそう




早いうちに




そしてまた





違うとこに行こう!









by imagineps | 2012-10-12 09:41 | self


d0247530_20204466.jpg






前を向いてる時の孤独を知ってている




走り続け




振り向かないこと





なんだか少し置き忘れてる何か?





そんな風に思う時の空の青さは





いつも同じとこにある






僕は一人なんだよ





それでいい






それだけで






つかむものがなんであれ






目指す先がなんであれ






この空と





風と





自分と





明日があればそれでいい










by imagineps | 2012-10-03 20:35 | self







d0247530_12174099.jpg






こうして君と知り合えた




出会いは砂浜に埋もれた星の数ほども




月明かりに照らされて輝いている




波に巻かれ埋もれている






大切な星たち






ことばはうたのように響いて





わたしだけの




君だけの




色鮮やかな出会いを探しててくれる






この時間と




この場所と



ううん




どんな場所にも



どんなときにも埋もれたりしているから




優しさと




甘さと





はかなさと




くるしさと





わたしの




きみの




精一杯の命を




ことばにして歌うんだ





だから今は





ありがとうを





ことばに変えて







ありがとう









by imagineps | 2012-10-02 12:46 | self
d0247530_0315290.jpg






哀しみがほしいわけではなく




孤独が好きなわけでもない




誰かといたいって思うときや




ぬくもりがほしい時もあるよ







ちっぽけな私が




それでも私であるために



少しの間だけ




孤独を選ぶ






誰かとつながっていたいから




欲張りに押し殺す





嘘の私を





真っ白に洗い流す







すべてのことを理解して欲しく




すべてを受け止めて欲しい




けど




どこかで誰にも支配されたくない自分がいる




欲張りである自分が




最大級の嘘をついている



誰かのことばに



わたしのことに





ぬくもりがある分




哀しみがあり




優しさがある分




苦しみに見舞われる






それぐらい私が生きる中に




君は存在している





うまいぐらい自分と付き合えない




うまいぐらい打ち解けられない





あたしは




それでも誰かを求め




誰かを愛し



きみを拒絶し




私を否定している





けれどやはり私という存在は





けして否定出来ない







by imagineps | 2012-10-02 01:03 | self
←menuへ