人気ブログランキング |

<   2012年 07月 ( 15 )   > この月の画像一覧




d0247530_234049100.jpg








歌をなくした鳥がいます





鳥たちは歌いあって相手を探すっていいます






歌をなくした鳥はもちろんいっつも一人日ぼっち






朝起きてもそばには誰もなく






夜寝るときも寄り添ってくれる人もいない





それでも





歌をなくした鳥は誰よりも澄んだ瞳を持っていました





誰よりも美しい羽を持っていました










水面に仲良さそうに空を舞う鳥たちの姿が映る





歌をなくした鳥はいつも





いつも水面を眺めていました







羽をばたつかせ水面に映る自分の姿をかさね





空をとぶように羽を広げていました






ゆうやけそらはいつも




とても綺麗に




あかくそまっています。












あのね




きみはだれともちがう






それはうたをなくしているから






あのね





きみは





だれともであえないかもしれない





それはうたをなくしているから






だって





きみのまわりが






そのことをだいじにしているから





水面に重ねる影は幻想






まるで消えてしまう波紋







ねえ





もうそのばしょにどれくらいいるの?





ねえ









ほら






空が赤く染まっているよ



























by imagineps | 2012-07-31 00:21 | self




d0247530_19543843.jpg








こんなにも近くにいる





手を伸ばせばとどくくらい





近くに








離れてみると思わない?






きっとそう








昨日の喧嘩





嘘のように





消えてて






離れているときに想い出が







笑顔の仕草に染まる






近い時離れてて





遠いとき近い






お互いの言い訳と




お互いの言い分をぶつけて






お互いを蔑み合う







人にかけたことのないひどい言葉






消せないことば





なんでこんなにも






近くに感じるときほど遠い存在になって行くんだろう







大切な何かを失ってしまいそうな





大切なきみが消えてしまいそうな









答えて欲しい時に





違うことばばかり








話したくないあまり






ことばが荒くなり




自分が望む言葉を





相手に





望んでしまう






近くにいたいのに






遠くに行きたい





離れていれば





優しさが増すのなら






想いの分遠く離れて





やさしくありたい







こんなに遠く離れて近い







存在






夕焼けに





真っ赤に染まる







夕焼けにかざしたては








なんだかきみの笑顔で満ちている













by imagineps | 2012-07-30 20:42 | self


d0247530_10524681.jpg













始まりは静かに行こうか




惑わされ流された日々にお別れを








あきらかに進むスピードに翻弄され




気がついてみれば時だけが過ぎていた







戯言の慣れ合いや



嘘つきの笑顔に






下むいて嘘笑いを浮かべていた日々に






自分ってものが




消えかかっていた





学生の延長のように




取り留めもないねたを持ち寄って



自慢している





覚えるのが必死で




なんのための自信なのかを



忘れていく




そんな世界の中で






これでいいの?







興味のないブランド




興味のないイベント




著名人を語る集い







意味を成さない









昔はもう少し




不器用に生きれたな





そんな中に自分がいて



あたりまえじゃない自分に




孤独を感じてたりしたけど




なんだか自分の世界があった







翻弄せれる自分





孤独からか




協調を求め右にならえする周りに





なんだか違いながらも




逆らいながらも




足が向いていた自分に




嫌気が差していて





自分自身に腹を立てていた








どう見られても構わない



不器用で不恰好な自分に憧れていたのかも






バイバイ






始まりは静かに行こうよ





ポケットの中身も





装飾品も外して





あの頃のように






不恰好に行きていこうよ









by imagineps | 2012-07-30 10:56 | self

d0247530_21381319.jpg










時がすぎれば消える想いに





何度も何度も






恨むほどに膨らんでく気持ちの波に






埋もれている







それくらい






人を好きになる







それくらい人を想いやり







突然切りだされた別れに







もう戻ることはできないあの頃に







泣きながらでもしがみつきたい自分がいたかな








何度も





何度も







経験は意味を成さない






繰り返すだけ






惨めはまし






みっともなさは人一倍だ






次こそは





毎日を大切に






そう思うものの






コレもまた





時とともに





いつものような自分が出てくる






後悔の後の経験は





諦めに似た・・・・・






結局自分は変えられない






優しさは少し増えたモノの





らしさは増すばかり







ならば






強くあろう






あたしは





何者にも支配されず





あたしである







誰のためではなく






まずは自分自身を






生きて行こう






















by imagineps | 2012-07-28 21:53 | self


d0247530_15583199.jpg








ぜんぜん




ぜんぜんさ





なつかないし





いちごのタルトが大好物だからさ






昨日買ってきてあげたときはさ






ゴロゴロ言ってたくせに







何無視してんの?






昨日と違う











ね♪






って無視






気まぐれ






過ぎて慣れちゃったよ







突然ひっかくし





かと思ったら






ゴロゴロ言い出すし






たしかに






きみ見てると飽きないけどさ






も少し話聞いてくれても良いんじゃない?








きみみたく






気まぐれでお天気や








毎日がぐるぐるまわって






そんでも







やっぱ






いてくんなきゃね








さっ!







いちごのタルトでも買ってこよ













by imagineps | 2012-07-26 16:14 | self


d0247530_1501368.jpg








今日のようなこと




何度もあるわけじゃない






昨日のようなこと





何回もあるわけじゃない






だから







ないて





ないて







なるべく





泣きそうな曲聞いてさ







この世の終わりくらい





泣きつくしちゃおう







だれに電話も





メールも






しなくていいから






安っぽいお酒でも買って






あの日の





あの時の





最高な想い出





思い出して




泣いちゃおう





もう終わりなんだくらいの絶望噛み締めて泣いちゃおう





残酷な





ことば?




だよね






しってる







電話は出ない




メールも返さない















今日のようなこと




何度もあるわけじゃない






昨日のようなこと





何回もあるわけじゃない






だから



















by imagineps | 2012-07-26 02:06 | self





d0247530_1248330.jpg

by imagineps | 2012-07-25 12:48 | life

d0247530_10472226.jpg







戦うことを







諦めてたわけではない





忘れていたわけでもない







ただ





おいてきていて






少し後回しのしていただけのこと







わたしだけのわたしとのたたかい






最初の戦いに勝利して






すこし





酔いしれすぎたのか







だいぶん





だいぶん





時が過ぎていた






楽園は長くは続かない





そんな事わかっていながらも






だいぶんココで時を過ごしてしまった







勝利するために





もがいて





苦しんで






手に入れた何かを






執着が






押し殺して






だいぶん






長いこと






勝利の味を忘れている







もうそろそろいいんじゃない?







きみの夢は




まだまだ





ずっと先にある





それよりも







あの勝利の味を






得続けることが









あなた自身なのだから







戦いの幕は







もう上がる













勝利はあなたのもの
























by imagineps | 2012-07-25 11:01 | self


d0247530_1526192.jpg












うそつきの言葉たちに




翻弄される





現実は妄想の場所に近づいていて





もうあんまり





ホントなんてものは見えにくいのかも






キノウのホントは





キョウ嘘になってたりして







居眠りの時間があたしのリアルだ






お腹すいて





ケーキ食べて





デザートにグレープフルーツ





柑橘系が頭をリアルにしてくれる







キノウの嘘もアシタか





アサッテじゅうにはリアルにしてくれるから






かんがえんのやめて






ひなたぼっこ





いねむり






おやすみ!!!











by imagineps | 2012-07-22 15:37 | self
d0247530_1650056.jpg








夏の音が風に揺られ鳴いている





この風はあの時の風






リ~ンって鳴るよ








覚えていようとしなくても帰ってくるんだ





ほら



あん時の風だよ






海にいるとき




街にいるとき




坂道を転がるとき





自転車で二人乗りしてる時






感じた





あん時の風だよ












何してる?





この風を覚えてる?






離れ離れに



どこか遠くにあったとしても






夏の風の音






思い出させてくれる









ほら




あん時のなつの風の音が






何度も鳴っているよ












by imagineps | 2012-07-21 17:01 | self
←menuへ