人気ブログランキング |

<   2011年 10月 ( 13 )   > この月の画像一覧




d0247530_326134.jpg





何もない透き通ったところに




たった一人たたずんで




朝焼けや夕焼けを眺めていたりすると




「空の広さや高さというものは無限に広がる続けている」




そう感じずにはいられなくなります




また風や雲がゆっくりと流れ




直接ぼく(わたし)の方に吹いてくるのを感じたるすると




一抹の不安にさいなまれてしまうことがあります




そのような時はゆっくりと




目を閉じ耳を澄ますことで




空や雲や木々たちの囀りが聞こえてきて




いつの間にか元気に歩き出していたりするものです




このような時に踏み出す足は




他のいかなる時に出す一歩とも違い




比べることのできないくらい正確で自然なものです





ぼく(わたし)は




この「自然なもの」の存在に心をおき




常に耳を澄ましていかなければいけないと思っています






INNER-childは



ぼく(わたし)らのライフスタイルの源であり



常に前向きに独創性にとんだ


Child Prodigy(神童的)表現活動の名称である




詩集サリトニオ (あとがき)より



2012 o1 INNER-CHILD 活動を再開します
by imagineps | 2011-10-27 03:26 | self






ずっと好きでいよう










by imagineps | 2011-10-25 10:05 | self
d0247530_0145178.jpg



もう寝静まった頃かしら


真っ暗な暗闇に


カーテンを閉め


裸電球の灯りをつけっる


少しだけ


開けた


窓から


カーテンを押して


雨上がりの


土しめる


においがおとずれる



日常の慌ただしさに


1日は


24時間の半分以下



立てたコーヒーの



甘い香りが


雨上がりの


においと


ブレンドする



今日という時間を取り戻すように


12時間を1周して


今日という記憶を


スプーンでかき混ぜ


香りを味わいながら


10月22日を


楽しんでいる



今日という思い出の


ミルクと


今日という


出会いの砂糖を


コーヒーのブラウンが


混ざりすぎて


薄くならないように


渦巻き状にして


飲み干す


1日を大切にするため


明日の


今に

楽しみを残すため




毎日がとてもとても


大切にあるために♫



















by imagineps | 2011-10-23 00:33 | self
d0247530_242316.jpg



神さんがうたをくれた



囀るような



小鳥の声を



神さんが風をくれた



くすぐるような



おかしな風を




ちっぽけな


あたしのサイズの囀りを



泣き虫顔の



あたしの顔に



くすぐったい



笑い顔を




風歌い



鳥はばたく



神さん



どうか





風歌いの神様


うたをください


うたうたいの神様


風をください






















by imagineps | 2011-10-21 02:52 | self
d0247530_4355829.jpg






あぶなげなく






たどたどしい







曖昧でいて






中途半端な







僕らは






この空を







仰いでいる




































by imagineps | 2011-10-20 04:40
d0247530_3362096.jpg








大嫌い!

10回と


大好き

1回




大好き!

10回と


大嫌い

1回




本当のことば






どれくらい?



ゆかちゃんがたずねる



「どれくらい好き?」




ぼくは答える



運動会で


カタツムリと


アイスクリーム人と


透明人間で


よーいどん!


してね



その順位くらい




すき




ゆかちゃんは




ちょっと考え込んで







かえっていった


















by imagineps | 2011-10-19 03:38 | self
d0247530_142256.jpg


空が


星のように


流れています



見えていますか



ここのとこ



したばかり歩いてたから



気が付かなかった



けど



空は



流れ星のように



願い事に満ちていました




たどりついていますか?


この場所に



部屋の中に閉じこもって


机の下あたりで


小さく丸まっていた




わたし




知ってはいるのに



なかなか


机の下から出てこれなかった




わたし



勇気とか




元気とか




そんな言葉




いらない




ただ




窓を開けて







お昼間がダメだったら



誰もいない



みんなが寝静まった




夜の時間に




少しだけ




風を入れて




見ることができれば



空は




流れています




けど




そんなことも




今のあなたには




いらない




下を向いていても




丸まっていても



それでよいのだなと



思います




だから



いつか



気まぐれで



カーテンが



開けれたら



気まぐれで



風を入れてみれたら



いつかまた




空流れる




とこで




同じ空に




願いをかけれる







から
















by imagineps | 2011-10-18 02:07 | self




あたりまえに環境が

完璧ならば

人は反発し

自分の道を切り開きたくなるものなのか?



IDENTITY


自分の道を切り開く人


短くも

みみっちくも

自分の道



by imagineps | 2011-10-15 21:39 | 映画
d0247530_3321777.jpg



少しだけ閉ざしていたあのころの気持ちに

遠回りしたけど立ち返ることができた


本当につらい記憶はホントは心のうらっかわに仕舞い込んでいるものなのかも


少しだけいやなことはくるくる頭の周りを回るのにね


本当に苦しかったときに

がむしゃらだけで前をむこうと

もがいていたことを思い出しました


もう駄目だって思いながらも

やっぱりいやで

なきながらも

じたんだ踏みながらも


真っ暗闇な辺りを

手探りで

道を探してたような気がします



誰もわからない苦しみ

誰もわからない悲しみ


苦しみや

悲しみは

一人で

もがくものだから


そう考えると

幸せや

楽しみは

共感するもの?


生きていくことに

なかなか

まっすぐでいるの

難しいけど


それでも

くるくるしたり

背中のあたりにしまいこんだり

しながらも

少しずつ前に

進んでいるものだな



ねっ

そう思わない?


だから


一人で立って

一緒に

歩いて行こう






by imagineps | 2011-10-13 03:58 | self
d0247530_3172954.jpg





光色の水玉


ポコリ 


ポコリ


きれいな


光色



揺れて




落ちそな




弾けそな



きれいな


光色



ぽこり


ぽこり



ゆれて



一人の時


見る


水玉



はじけそな



くずれそな



掌で


包んであげたい



ゆっくりと


膨らんで



弾けそな



光色









by imagineps | 2011-10-12 03:35 | self
←menuへ