人気ブログランキング |

<   2011年 07月 ( 35 )   > この月の画像一覧




まるで美術館を歩いてるかのよう

モネやルノアールの絵画を見ていると中のものが動いてるような錯覚と
めまぐるしい情報量に頭が高速でくるくる回りだすかのような気分に落ちることがある

見えないところまで世界観があり

それは詩情的であり絵画のようだ

by imagineps | 2011-07-31 01:33 | 映画






贅沢な家じゃなくても

大黒柱

床の間

縁側

があった。


柱には傷があって

お正月には首を振るトラ もち するめ

縁側には犬小屋と野良犬

縁の下にはウサギが放し飼いされてた


ちっさいながらも季節を感じることができ

古さのにおいがここち良かった


まだ時間がゆっくりと流れていたころ

世界は計り知れない大きさだった








精神の広さは時間も大きさも越えて海を渡る。
by imagineps | 2011-07-31 01:07 | 映画





風遠しを良くしなきゃあいけない

陽当りを良くしなきゃいけない

窓際に花を飾らなきゃいけない

冷蔵庫にはニコちゃんマグネットをつけなきゃいけない


誰もがフランクで

毎日がhappy056.gif

by imagineps | 2011-07-30 21:07 | 映画



身体表現って究極

時代を感じさせないカッコよさ

動きのある髪

どれっをとっても新しい




http://yasumotomasako.net/next-performance.html

見に行きたい♫
by imagineps | 2011-07-29 00:57 | self

d0247530_2512421.jpg



d0247530_2513765.jpg



d0247530_252348.jpg




d0247530_2521991.jpgProduce by uzo

敬愛するuzo先生の指輪が
ようやくお披露目となりました。
前々から少しずつ見せてもらっては
いたのですが
念願かなって展示販売してもらえるようになりました。

場所は先生のアトリエです。
皆様お誘いあわせの上一緒に見に行きましょう。
連絡お待ちしています。

写真下手なので
うまく伝えきれていません。
是非その目で見てください♫






by imagineps | 2011-07-27 03:09 | self



あふれそうに

たまった水は

今にもこぼれそうで


澄んだ水の

とどまった先は

濁り


溢れ出しそうな水は

空にして


澄んだ水は

川のように

流れ続ける


もうすべてを

開放










You Tube 動画 始めました。
良かったら見てください、
by imagineps | 2011-07-25 14:04 | self

oto






星の音

心の音

どれもが

ざわめき合う


重なる

合わさる

調和する



見事なまでの

シンフォニー





大好き
by imagineps | 2011-07-25 13:47 | 映画




この世に落ちた子供たち

記憶をそのまま持ち続けていたとしたら

ホントに生きるのは難しいんだろうな


純粋で無垢であり続けることは

精神と肉体に付加を与え

その分作品が

崇高なものになるんだろうな


David Helfgott まさに神童です






by imagineps | 2011-07-21 23:16 | 映画
d0247530_210346.jpg



真っ直ぐに

飛ばなくなった鳥に

飛び方を教えても

真っ直ぐには飛べない


あたりまえに

飛べてた鳥に

今さら真っ直ぐを

教えたところで

余計にくるくると回る


軸がどうとか

風がどうとか

体の角度がどうとか

言ってみたところで

それは

他人の身勝手だ


はたして

周りが言うほど

頑張ることは必要だろうか


だって

右往左往しようと

バタバタと、もがこうと

彼は目的地にはたどり着けるし

時間がかかったとしても

幾分も困りはしない

周りから見ると恥ずかしいくらい

不格好だとしても

彼は

まったく気にもしていない


それよりも

厄介なのは

飛び方について

頑張れだとか

横を飛びながら

翼を修正するやつだ

まだ笑っている奴の方が

幾分かましである



そんなことよりも彼は

風や体に逆らうことの

不自由さを

楽しんでいるかのように

笑うように

空を転げている


なんだかよく見ると

羽や首そして体を

風が吹くたび

逆らうように

いろんな方向にひねり

体の自由を自分から奪っているように見えた

時には

真正面から風を受け

まっさかさまに急降下してしまうこともあったが


それでも彼は何度も

何度も

それを繰り返し

空を暴れまくっている



時折

空を仰ぎ高らかに声を上げている








by imagineps | 2011-07-21 02:37




海の街に

潮にのることのできなかった青年は

ポスティーノとなった


彼が出会う2人

師と女性


彼は恋に落ちる







師は青年にうたを思い出させた。








とても詩を書きたくなる物語
















by imagineps | 2011-07-20 23:54 | 映画
←menuへ