人気ブログランキング |

THE PERKS OF BEING A WALLFLOWER

d0247530_10411863.jpg



ウォールフラワー(原題:THE PERKS OF BEING A WALLFLOWER)



「ライ麦畑でつかまえて」の再来とも言われたベストセラー青春小説を、
原作者のスティーブン・チョボウスキーが自らのメガホンで映画化。
「三銃士 王妃の首飾りとダ・ヴィンチの飛行船」のローガン・ラーマン、
「ハリー・ポッター」シリーズのエマ・ワトソン、
「少年は残酷な弓を射る」のエズラ・ミラーが共演

16歳の少年チャーリー、高校生活を誰からも話しかけられないよう、
「壁の花(Wallflower)」のようにひっそりと息を潜めて過しているチャーリー
陽気なパトリックとその妹で美しく奔放なサムに出会い
初めて友情や恋を知るが、過去のある事件をきっかけに、
3人の青春の日々は思わぬ方向へ転がり始める。



d0247530_10422152.jpg




新しい場所での新しい始まりは
学校という場所にかぎらず
どこか自分をリセット出来て
自分にみる可能性にチャレンジできる瞬間なんだとおもったりする
就職も、引っ越しも、今までの自分の場所を離れて
新しい環境で生活することは、これからの自分にワクワクすることで・・・・
新しい環境に馴染むのに、ほんの少しの勇気や、タイミングさえあれば
じぶんのいきかたなんておおきくかわれる

勇気が持てず、タイミングもみ余ってしまって失敗することもたただったりして・・・
そんななか初めて話ができたり、ふとした事で仲良く慣れたりするときに
ホント相手のことずっと大事にしようなんて思えたりして・・・


不器用なことが、こういう瞬間に、何度も失敗して、挫折して、
どうでもよいことがどうでも良くなくなったりして・・・・



なんてなんだか、その頃の感じの事書いてるとまわりくどくなってしまいますが



そんな感じのあの頃を思い出せて、もう1回チャレンジしてみるか!
なんて思わせてくれるお話でした。



もちろん原作ほどの、細かい描写と言われると、物足りないとかという声もありますが、
映画は監督が、作者に当てたオマージュだとしたら、
2時間余の中で見せるその世界は、変え抜けたあの頃の
淡い思い出を振り返るようなほんとに素敵な映画でした・







by imagineps | 2014-06-17 11:27 | 映画
←menuへ