大いなる遺産

d0247530_0185199.jpg



1997年に、イーサン・ホーク・グウィネス・パルトロウ主演による
チャールズ・ディケンズの名作を、舞台を現代のアメリカに移し変え映画化した作品。

監督 アルフォンソ・ケアロン


映画のオープニングは映画の好みを決める最初の基準だったりするけど

d0247530_182098.jpg


オープニングクレジットから流れるイラスト、音楽、そして

ボートをこぐ少年、スケッチブック、孤島、砂浜、青空、海、魚、


特に主人公の男の子、フィンが描くスケッチブックの絵はそれだけでも
映画一本観たくらいのワクワク感あったな♪



d0247530_18131482.jpg


FRANCESCO CLEMENTE


書かれてた絵の作家さんはこちら



両親に先立たれ姉とその彼氏に育てられているフィン
友達のような三人の関係が見て取れる。
けれども両親をなくした生い立ちも影響しているのか
絵を描くことが10歳の少年の人生の大半をしめていた。
片時も離さないスケッチブック、ペンケース。
少年の生い立ちと彼の描く絵がそんな主人公の
無垢な人格を映し出していて、それが、この先に起こる
彼の人生へと物語を進めていく。


映画の始まり、デニーロの登場にびっくりさせられます。
もちろん彼はキーマンなのですが・・・


d0247530_11541950.jpg


置いといて

ある日、近隣の怪しい洋館に住む大富豪の老婦人ディンズムア夫人(アン・バンクロフト)が
姪エステラの遊び相手にフィンを選んだ。


誰も寄せ付けず人の出入りを閉ざすかのような門
生い茂り森のようになっつた庭の木々

フィンは少女と出会った


d0247530_2222549.jpg



エステラ演じるグイネス・パルトロウ
その幼少期を演じたラクエル・ボーディン

フィン演じるイーサン・ホーク
その幼少期を演じるジェームズ・キスナー
幼少期のこの2人がいい

生い茂る森、木漏れ日が差し込む中
エステラと出会う。

男の子ならこの光景は一生忘れられないだろうな。


d0247530_1245594.jpg



d0247530_1241209.jpg



d0247530_1242476.jpg



d0247530_12403747.jpg



d0247530_12455050.jpg



そしてまたディンズムア婦人、カノジョの存在も一生消えないんだろうな


d0247530_12522515.jpg



d0247530_1254263.jpg



d0247530_12545596.jpg




物語はこの踊るシーンのまま成人へと移り変わっていく




幼少期、成人、いつまでたっても異性に対する相手の気持は
なぞのまま


男性側からしても何を考えているかわからない女子。

映画のように翻弄されていく関係はきっと永遠につづくのだろうな。


d0247530_1345912.jpg



d0247530_13135944.jpg



d0247530_1361695.jpg




自分の中にある世界が絵を描くことで
それは純粋で心を守るほど大切な自分だけの存在

そういう中であった現実と、空想の境界線にあるような少女の存在


彼の人生はこの共通する二つのコトの中で、翻弄されながらも成長を遂げていく。


d0247530_1313421.jpg





d0247530_13225759.jpg





幼少期、姉が家を飛び出した後、養ってくれたジョー
またキーマンの脱獄囚アーサー・ラスティングの存在も
彼の生き方を支える存在として脇を固めている。





恋愛の中で翻弄されながらも
その存在をひたすら純粋に守り続け
アーティストとして成功していくサクサスストーリー

というには簡単すぎるけど
とても絵を描きたくなるそんな映画です。




d0247530_13315666.jpg







[PR]
by imagineps | 2014-02-08 13:35 | 映画
←menuへ