永遠には遥か



d0247530_12542469.jpg




居眠りの間に





手が触れて





意識するたび





指先が




震える





温かさも感じないくらいの





距離に





汗ばんでいる手





寝返りのたびに





どきどきを殺して




寝息を立てる






いつまでも一緒にいたい




いつまでも一緒にいる





そう思ってた







君がくれた




あの時のどきどきは






なんだか




こんなの日




朝日に




潜んでいたりする












[PR]
by imagineps | 2012-03-26 13:17 | self
←menuへ